スマホは癌、治し方おしえて

2017.05.23.22:59

いい加減にしたいなといつも思う。

チョット時間があるとスマホを取り出してしまう。んで、ネットにアクセスして気になる言葉で検索。面白そうなものを見つけると、つい読み更けてしまう。本を持ち歩いていても(助手席に置いている)全然読まない。

おかげでデータ使用量がトンデモナイ事に…。

スッカリとスマホ中毒に陥ってしまった、癌といっていいかもしれない。偶然にもがん検診の案内が来た。

時々ニュースになるんだけど、更に外国人観光客を呼び込む為にカジノを建設しようとしてるじゃん。そして必ず話題になるのがギャンブル依存症。ギャンブルに依存してしまう人が出てくるから何とかする施設が必要とか。あるいはカジノはギャンブルなのでイケナイからそんなの要らんとか。ま、ギャンブル依存症を作らない、させない、行かせない。バイクの3ない運動みたいだね。

ギャンブル依存症云々という前に、スマホ依存症を何とかするのが先じゃない?チョット時間があるとスマホを取り出して画面をスクロール。そんな風景が当たり前になってしまった。電車の中でもどこでも、シーンとして必死に画面をいじくっている姿は異様だ。

気になって気になって気になってしかたないスマホ。ついつい画面にタッチ。体の一部になってしまったスマホ、どうしたらいいのだろう?“摘出”するにはどうしたらいい?病名、悪性スマホ腫、Ⅱb期。なんて診断が付きそうだ。データチャージ繰り返しちゃうんじゃ病気だろう。それも悪性で進行性が強い。その内転移してスマホ播種に…。こうなると末期症状。
スポンサーサイト

GLION MUSEUM その7

2017.05.23.22:26

DSCF9173dd.jpg
Rolls Royce Phantom Ⅱ。

DSCF9187dd.jpg
Rolls Royce Phantom Ⅴ。

DSCF9195dd.jpg
Rolls Royce Silver Wraith Formal Limousine。

DSCF9198dd.jpg
Indean Chief 1200 Sidecar。

DSCF9200dd.jpg
BMWなんですけど、車名が表示されてませんでした。キドニーグリルでないBMWは初めて見ました。後に見た堺市ヒストリックカーコレクションで同じ車が展示されてました。

DSCF9201dd.jpg
ARMSTRONG SIDELEY。

DSCF9206dd.jpg
ADLER。

DSCF9208dd.jpg
BMWのバイクなんですけど、車名が…。R45?50?

DSCF9209dd.jpg
PORSCHE 550 Spyder BECK。

DSCF9211dd.jpg
CHEVRON。

DSCF9215dd.jpg
BMW 315 Cabriolet。

GLION MUSEUM その6

2017.05.23.22:07

2ヶ月も間が開いてしまいました。けして忘れているわけじゃないんです。書きたい事がいっぱいあり過ぎて更新が…。

では行きましょうかね。

DSCF9155dd.jpg
ここからは別の建屋に入ります。今、こうしてアップしてみるとヨーロッパ車を中心に展示している建屋のようです。

DSCF9157dd.jpg
どこかのオートバイ。英国車?

DSCF9158dd.jpg
Mercedes-Benz 190SL。

DSCF9160dd.jpg
Mercedes-Benz 170Sb。

DSCF9164dd.jpg
JAGUAR XK 140 S FHC。

DSCF9166dd.jpg
AGUSTA Emmevi。

DSCF9168dd.jpg
FERRARI Dino。

DSCF9170dd.jpg
Alpine。

本日は思い出し走行

2017.05.23.21:44

さて今日は、ステルビオを引っ張り出して思い出し走行です。

ここで思うんですけど、1度で100km走るやり方と、10kmを10日で走るやり方ではどちらが効果的なんでしょうか?

自分は後者を取るのですが、その根拠は?

これが説明できないんですよね。

自動車教習所に例えてみましょう。

自分は車の免許を取るのに教習所で乗った時間は26時間です。第1段階で1時間、第2段階で2時間、第3段階で3時間、第4段階で3時間、教程をオーバーしました。当時は高速教習も無かったのでこうだったのです。もしこれが、ぶっ通しで乗ったとしたら26時間で路上検定を合格できる技量を得られたかというと疑問なんですね。日数をかけて乗っていたからこそ結果的に26時間で路上検定に合格できたのかなと。
ちなみに自動2輪限定解除では合格まで32時間乗りました。週に1回1時間ではブランクの方が大きかった。教習開始から合格まで半年かかりました。教習といっても当時は教習所で免許が取れず、試験場まで行って試験を受けなければなりませんでした。実際は非公認の教習所で大型自動2輪の教習を受け、試験場で試験を受けたのです。試験はもちろん平日しかやっておらず、受けるの大変。サービス精神が全く無い試験だったのです。

ステルビオも、今日も手こずってしまったシーンがありましたが、少しずつでも思い出していければなと思います。

モードボタンで遊んでみましょう。

DSCF3724ee.jpg
本日の走行距離14.5km。走行中、燃料警告灯が点灯しました。燃料警告灯が点灯されますと液晶の表示が変り、オドメーターの代わりに警告灯が点灯してからの走行距離が表示されます。“オートリザーブ”と自分では表現していますが、手動でリザーブに切り替えていたGPZ1100以前のバイク(K100RSを除いて)の名残でこの様に表現しています。

DSCF3726ee.jpg
走行時間40分。ST4sを押し歩いて、それからステルビオのクラッチレバーを700回ニギニギすると大体40分なのです。丁度いいかも。

DSCF3728ee.jpg
平均速度21kmって…。都内じゃこれでも御の字です( ノД`)

DSCF3727ee.jpg
燃費も表示されます。100km走るのに消費するガソリン10.4リットル。リッター10km切ってんじゃん。ステルビオ、意外と燃費はよくないのです。ツーリングでもリッター20km、届かない。

他にも最高速度も表示されるのですが、イケナイ数値が表示されてしまいましたのでアップはしません。アシカラズ。

最近読んでる本

2017.05.23.07:29

昨日の朝、
DSCF3723ee.jpg
この本をサクっと(?)読みました。言い方は今風ですが、ぶっ飛ばして読んだのです。本というのも1つの出会い。この著者のものなら絶対買う、というもの以外は本屋に行きます。陳列されている本を見て、あれ?これ、新聞記事で見たな、と。

まずは、失礼ながら著者の名前が読めませんでした。まれい?真鈴と書いて「まりん」と読むのです。

その並はずれた行動力にはビックリです。やるなら今か大学在学中しかない、卒業すれば働くし、子供も産みたい。だったら、すぐ行動に移す。育ってきた環境も大きいなぁっと思いました。大学までの期間の大体は海外で過ごしている。もちろん日本にいた時もあったけど、私立学校に在籍。もし、もしズーッと日本の公立学校に在籍していたらこの様な行動力は身に着いたか???私立学校にしてもお堅いところから柔らかいところまで様々ですが、割と自由な校風だったのかなと。

朝の空き時間に超スピードで読んだだけなのであまりレビューも書けませんが、山との出会い、そしてそこからの目標達成に驚きます。今後の活躍も期待です、ね。

さて、この時本屋に行ったのは別の本を買い求める為でして、買い求めた本は、
DSCF3720ee.jpg
これです。

教育というのはある種の洗脳である事は宿命だと思うんですね。題名に書いてある通り「すべての教育は『洗脳』である」。学校でなくても企業研修にしても、何にしても。ある意味では南谷真鈴さんも今まで受けてきた教育に洗脳されてこの様な行動を起こしたともいえなくもないと思いました。まだまだ、じっくりと読んでません。連休中もセリカdayもこれらの本を車に積んでましたが、読む時間は全くありませんでした。この頃はヘンな癖が付いてしまって斜めに読んでしまいます。改めてじっくりと読んでみたいと思います。

ST4s、64966km

2017.05.23.06:27

昨夜、ブログを書いていたら激重になってしまって以降の記事アップを断念してしまった。この度に今のパソコンは“寿命”かなと思う。

さて昨日は、
DSCF3718ee.jpg
ST4sが64966kmに達しました。

ステルビオでの思い出し走行するようになってからはST4sの“走行距離”は伸びなくなりましたが、目的はST4sを扱える技量を維持する事。“走行距離”を伸ばす事ではありません。ここを履き違えてしまいますと精神的な負担が増えてしまうかも。

不思議な事に大柄なステルビオに慣れてしまうとST4sのポジションは窮屈に感じます。ある意味では自分自身の適応能力が小さくなってしまうんですね。こうはなりたくないのでST4sでのトレーニングを継続しているのです。

水屋の製作

2017.05.22.23:36

匿名のブログであってもここまでは書く、これ以上は書かない、こういう事は書かない、という自分なりの基準があります。仕事の事は「こういう事は書かない」に属するのですが、今日はそれを取り外します。貴重なプライベートの公開です。

この頃というか、連休明けから仕事の方がパタリと…。何となくその予感はあったんです。連休前はバタバタしていたのだけど、連休後がサッパリ…。それが現実となりました。

そこで…。

どうせ“時間がある”のなら練習というわけで、水屋を製作する事にしました。

昭和の時代なら10年も経てば経験する事も、平成の時代では20年経っても経験できません。これはイカンというわけで、練習として水屋を製作しました。これは教えも兼ねてで、こうして作るんだと教えながら製作するのです。

ところで、水屋って何?という人、ググって下さいませ。

ところが…。これが意外や意外、悪戦苦闘しました。水屋はもう10年近く作った事が無いのです。なぜかって?需要が無いから。だから作ってない。とはいっても全く需要が無いわけじゃない。だからいざという時に覚えていないととんだ目に遭うのです。

10年近くのブランクは大きいですねぇ、意外でした。ちょいちょいと作れるはずなものが、あーでもない、こーでもないと悪戦苦闘したのですから。

ようやく出来た水屋は、
DSCF3711ee.jpg
こんな感じ。木で枠を作って、それに合うように作りました。実践的に作ったのです。写真ではよく見えませんが線引きまくりで悪戦苦闘ぶりが伺われます。自分しかわからないですが。

まず初めに、
DSCF3712ee.jpg
この様な平板を用意します。本来ならば銅板で製作するのですが、そこまでは経費をかけません。練習ならば安い材料で充分。

それからこんな風に、
DSCF3713ee.jpg
線を描いて、
DSCF3714ee.jpg
切り落とします。

それからあーして、こーして組み立てます。

これで、
DSCF3715ee.jpg
出来上がりました。2回目は1回目よりも短時間で出来ましたが、体得するには至りませんでした。ましてや、教えながらまでは至りません。

平板を立体的に加工して製作するのです。今はほとんどこんな仕事はありません。何せ10年に1度あるかないかです。ですが、たま~にあってしまうと、戸惑ってしまうのです。こういう事は同業者の60代の人であれば若かりし頃に作った覚えがあるかもしれませんが、それ以下の若い世代になるとほとんど無いんじゃないかな。これの応用として(あるいは逆か)流しを作るというのもあるのですが、どう見ても既製品の方が板厚も厚い、水漏れも無いというわけで品質がいい。しかも大量生産品だから一品物と比べると値段も安い。無いいい安いと3拍子も揃っていれば手加工品なんて駆逐されてしまいます。唯一、駆逐されないのは水屋なのです。

古民家とか、「岬の分教場」みたいな廃校になった古い学校に行くと流しのシンクがいかにも手作りというのを時に見かけます。これこそが当時の人が手加工で作っていた物なのです。機会があれば流しに注目してみると「あっ」と思うかもしれません。

10年近く前に製作した水屋。資料として画像を保存していました。日付を見ると2007年の秋。画質があまりよくないのは当時の携帯カメラで撮ったから。レンズが傷だらけだったかな。

008ee.jpg
銅板で製作。

005ee.jpg
ステンレスで製作(こういうリクエストだった)。

両方とも排水がほぼ中央にあるから底辺で勾配を取らなかったのね。これなら製作はいくらか容易です。連続して2つ製作する機会があったのですが、その後パッタリ…。仕事を通してスキルを維持するのは意外と難しいものがあります。需要が無ければ機会がありませんから。

思い出し走行

2017.05.22.05:59

昨日はステルビオを引っ張り出して思い出し走行。

特に低速時の安定を意識する。ステルビオはアクセルの開け始めにトルクが唐突に出てしまう時がある。それに4気筒と比べるとやはりスムーズさに欠ける。それにいかに慣れるか。2年近いブランクは大きい。

走行距離22.1km。

ちょっとした旅

2017.05.21.15:04

病院からの帰り道、本当なら真っ直ぐ帰って仕事に復帰しなければならないんだけど、土曜日だし…、せっかくだし…、という訳で旅に出ました。

こんな建物が目に入ったので行ってみました。

ニコライ堂といって、重要文化財です。

300円払って中に入るとそれはそれは厳かな雰囲気です。入る時にろうそくを貰ったので何するのかというと、ろうそく立てがあって、そこに火を灯したろうそくを立てるのでした。天井が釣鐘型にものすごく高くて、そこから照明を吊り下げている。どうやって工事したのかな?
宗教的な事には疎いので何とも書けないものですが、戦災を逃れた建物だと思いました。

説明はこちら。

それから秋葉原行って上野行って浅草へ。

浅草三社祭2日目です。

雷門から神輿が出撃するところでした。

熱気ムンムン。

2日目はそんなに交通規制は敷かれてないようで、
交通整理する警官は大変そう。

提灯も遠慮してます。

浅草からはスカイツリーが見えます。そうだ、スカイツリーに行こう!

1度見たら忘れられないインパクトのあるオブジェ。炎をイメージしているそうですが…。微妙なラインがあらぬイメージを。デザイナーは外国人らしくて、感性故でしょうか。

東武浅草駅から電車に乗ります。ここも終着駅です。

電車内にて。おぉっ、これは来年の宿題ですね。

とうきょうスカイツリー駅へ。

スカイツリーを見上げます。スカイツリーから浅草三社祭を見てみよう!

と目論んだのですが…、
1時間も待つんですか。

しかも、
料金が…。オタカイ…。

仕事の合間としては度が過ぎてしまう。トボトボと引き返しました。

浅草まで特急に乗って快適な列車の旅、1区間だけの。

隅田川。スカイツリーから見る東京は意外と水の都なんです。スカイツリーに上がったら川に注目して下さい。

浅草では三社祭。

上野では青森県観光PR。

このゆるキャラ、「ふるさと祭り東京」でも見たな。

以上、ちょっとした旅でした。

人生初の…

2017.05.21.14:32

一昨日、病院に行きました。診断の結果、より専門的な所がよいという訳で、
人生初の紹介状たるものを貰ってしまった。「御机下」とは普段は使わない言葉、というか初めて。何となくイメージしてしまった。

そこで昨日、時間がある今の内にという訳で、
紹介された病院に行きました。ここはある科に特化したというか、それ専門の大病院。こんな病院があったのかと初めて知りました。

診察の合間にチラッと紹介状を見ると、

貴院での御高診を賜り、…をお願いします。

というようなことが書いてあった。

土曜日はもしかしたらの場合は対応できないので平日にという事に。すぐにはやってくれないのね。午前を希望したら、また状態からして厄介なので時間の取れる午前がいいとの事、次の診察はずーっと先になってしまった。これは想定外。

説明を聞くと、ここまでになると手術といえるレベル。もしかしたら…、の説明を聞くと怖い位。

小奴、たまにワルさして悶絶させてくれる。思わず「ぅう~」っと唸るほど。これが何時もならある意味では素直なんだけど、不定期だから堪らない。車やバイクに例えると時々調子が悪くなるというやつで、タイミングが難しい。

ちょっと不具合があって診てみましょうとなったら紹介状になってしまった。

その時になって時間を得られない、なんて事がありませんように。

Xデーは7月6日。
訪問者
プロフィール

シン

Author:シン
旅好き人間が足跡を綴るブログです。「アッと思ったらブログネタ」をモットーに日常的な事も書いてます。時にはグチも書くのはご愛敬。眠気と戦いながらガンバって書いてます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR