FC2ブログ

自分の見立てに自信を持て

2018.09.18.23:24

今日は、最近う~ん、う~んとうなりながら見積もりを出したところから電話が来た。

結果を書くと、「考えさせて下さい」。

この際だから根本的にやろうとするならばお金はかかるよなぁ。他の業者さんにも依頼しないといけないし。だからといって、今現在不具合が起きている所だけでも「何年持ちますか」なんて聞いてくるから生半可な事は出来ない。という事は、お金がかかるという事。

劣化が結構進んでしまって、中途半端な事ではダメなんだよぉ。やってみないとわからない所が多過ぎて、大き過ぎて。それを見込んで見積もりに入れるから金額が大きくなるわけ。これほどかかるかと想像もしていなかったらしい。自分からすれば安い方だと思ったのだけど。普通、このテのものは過程を通して来るからドンドン金額がアップしてくる。それがダイレクトだから過程が無い。「工場直販」と思えばイメージできるかと。それが「高い」と言われるとどうしようもない。

と思いつつも…。見立てがきつ過ぎたかな、金額の設定が高過ぎたかなと思ってもしまう。他の業者さんに依頼した見積もりは後に自分の見立てが甘い事に気が付いてチョイっと上乗せしたんだけど。手をかけてみないとわからない所がたくさんあって、それが金額をアップさせるようなものだと了解を取るのがホントに大変で、そうなってしまったら仕事はストップ。十中八九はそうなるだろうという見立てのもとに見積もりを作ったのだけど。このテのものはやるかやらないかで中間が無い。やるなら徹底的にやる、やらないのなら徹底的にやらないかのどちらか。その中間というのは取れないのです。例えるならセリカの現状みたいなもんです。それでも、もしかしたら、もしかしたらと迷うのでした。

最近ではまた、こんな事がありました。初めのお話ではなるべく金額を掛けたくないという事で最低限の事。それをやった上で様子を見て下さいと。だけど、10年後になったらお金が無くなっているかもしれない。その時にやろうにも金銭的に出来ないわけで、だったら今の内にやっておこうという選択をされた。根本的にやるのならこちらもしっかりとした事が出来る。10年くらいなら軽~くもつさ。しかし今日は、その見積もりに見落としがあった事に気が付いた。何度もチェックしたのに!今更どうにもならない。くっ、くっ、くっ、く。その分はサービス…。
スポンサーサイト

ステルビオ、4000km(+23326km)

2018.09.18.22:50

本日の慣熟走行でステルビオが4000km(+23326km)に達しました。都内、某所にて。

DSC00486.jpg
4年前にメーターを交換してようやく4000km。いやぁ、長かったなぁ。3000kmはいつだっけと過去記事を遡ったらありました。半年も前やんけぇ~。いかに乗ってないかの証になってしまってます。

この頃は停車前にふらついてしまう。悪いクセが出てしまっている。低速でもピシッとできればいいんだけど。出来るようになるには練習あるのみ。だけどねぇ、今日の走行でビクッとしてしまった。右手が痛い。こうしてキーボードを打ってる今でもズキンと来る、右手人差し指が。走行中にズキンと来てしまって、右手の操作が不安になってしまった。バイクは右手の操作はブレーキも兼ねるからね。車を運転している時も痛くなる時があって、そういう時はハンドルから右手を離し、腿に置いている。痛い人差し指に連れてか、中指も動きが悪いような違和感がある。違和感をなくすように努めて動かしているんだけどね。こうしてキーボードで書いているのもリハビリ。人差し指が痺れている。バイクを改造してブレーキペダルで前後のブレーキが掛けられればと思う時がある。ペダルの踏み加減でリアブレーキを先に掛けるようにして、それからフロントブレーキ。微妙な設定が必要なよなぁ。案外と便利かもしれない。

ずーーーーーーーーっと前の新聞で、障害に合わせてバイクを改造する記事があった。記憶では記事に出ていた人は右腕が動かせず、勿論右手も動かない。左手だけで右手の操作も出来るように改造してあるという事だった。こういうような改造を行うお店があるという事だった。これ、いいかも、なんて思ったのでした。

DSC00488.jpg
本日の走行距離11.9km

防大でパワハラ

2018.09.17.21:59

一昨日だったかな、新聞記事で出てた。女子アイスホッケーでパワハラ記事の隣に防大でパワハラって。防大の教官の2等陸尉が学生にパワハラ、体罰や身体的特徴をなじったり女子学生にマッサージさせたりと。まだこんなことやってんの?とあきれちゃうよな。

最近、濱潟好古氏の「防大式…」という本を読んでいたんだけど、濱潟氏が学生の頃にも上級生から下級生への体罰指導があったと書いてあった。どんな体罰かは書いてないけれど、濱潟氏が入学したのは2002年。その頃でも体罰があったのかと驚いた。それ以外でも体重が身長マイナス100になるまで食わされるとか、その一環としてカップ麺をお湯無しで食べさせられたとか、素手で大便器を掃除させられたとか。それは指導じゃないだろうって。普通でなくてもやらせられないよなぁ。かの濱潟氏が最高学年になった時、下級生に同じことをやらせなかったと思いたい。

この教官、教官だからといって必ずしも防大出身とは限らないかもしれないが、かつて学生時代にどのような指導をされていたのだろうか。同じ事をやらされていたのではと。人間、かつて受けた指導を立場が逆になったらしてしまうものだけど、いけない事にレベルアップしてしまうもの。この教官は20代だから学生時代に戻ってしまったのかもしれない。濱潟氏の本にも上級生にマッサージしていたと書いてある。しかも、午前4時まで。いくら何でもやらせ過ぎでしょ。ちょっと揉んでくれという事はあっても就寝時間を過ぎてまではやらせ過ぎだと。一種の服務事故では?

まったくもう、こんな事は無くなって欲しい。

プレデター

2018.09.17.21:46

さて今日は新カテゴリーを立ち上げました。カテゴリーがゴチャゴチャしてきましたがお構いなし。自己満足が満たされればそれでよいのです。新しいカテゴリーは何か?そう、それは「映画」。最近は映画をちょくちょく観て、ネタに事欠きません。過去には1日で3本見ていた頃もありました。1度見始めると次から次へと見てしまうのが映画。なんたって映画館まで車で10分もかからない好条件。そして、映画を観る時は必ずパンフレットを買います。その為にコストはかかるのですが、溜まったパンフレットは今や宝物。止められませんな。古くは「ロジャー・ラビット」や「タッカー」の頃から。タッカーって知ってますか。僅かながら生産されたアメリカの車なのです。それを題材とした映画を観てからですね。「ロジャー・ラビット」は実写とアニメが合体したような映画。今じゃこのようには作られないんじゃないかな。CGが全盛になる前の、ある意味では貴重な映画かも。さっきまで過去記事を遡ってカテゴリーを編集し直しました。もう少しあるかと思うのですが、まぁ何かの時に直しましょう。

DSC00481.jpg

さてさて、公開された「プレデター」を観てきました。R15に指定されているのですから、小学生には見せられない生々しい描写もあるので注意が必要かな。現実にあんなモン見たら気絶する事間違いなし。交通事故現場では普通かもしれませんが。

観ての感想は、これはアメリカンヒーロー物だと思いました。ヒーローを作り上げる手段がプレデター。従来のプレデターをパワーアップしたプレデターと対決するのです。その過程で次から次へと命を落としていく仲間たち。これ以上苦しまない為にお互いを…、というシーンもあってグッとくるような、複雑ですなぁ。プレデターといえば誇り高き戦士のはずだけど、そういった描写はちょっぴりしかなかった。そのプレデター、プレデターにやられちゃうんですけど。プレデターがプレデターするのだからそんなものは余計かもしれない。新キャラとして“犬”が登場したのは驚いた。犬そのものでご主人様であるプレデターに忠実。でも、1頭だけ人間に懐いてしまっていた。その“犬”は最後まで健在だったけど、その後どうしたのだろう。ペットとして飼うには「ジュラシック・ワールド」。全然かわいくないし、餌代はメッチャかかりそうだ。お散歩できる?そもそも、何食べるのかわからない。観終わった後も気になるのでした。パンフレットに過去作品も出てるけど、シュワちゃん、若いね。

セリカ、オイル交換の記録

2018.09.17.20:21

遅ればせながら、セリカのオイル交換を記録します。

DSC00484aaa.jpg
実施日8月31日。走行距離196836km。使用オイル、わかりませんが以前のお話ではカストロール。粘度、わかりませんが以前のお話では10W-30。グレード、わかりませんが今風でしょう。ただ、リッター900円というお値段からして鉱物油だと思います。

今回はオイルのみの交換。合計費用4482円(消費税込み)。お店はいつもセリカを修理に出している自動車整備工場。2日連続で「オイル交換は今可能ですか」と問い合わせたものの、スペースの空きが無くてダメだった。そこで、引き取りに来てもらっての交換。セリカのスペアキーは預けっ放しになっているのです。ただ、交換が終わりましたの連絡も無く、オイル交換をした走行距離と日付を書いたステッカーも貼ってなかったので「オイル交換はしたのですか?」と問い合わせてしまった。

交換した直後は意外とよくわからないのです。全然変わんないんじゃと思う位。それが20kmか30kmと距離を走るとエンジンが静かになっている、スムーズになっていると感じるのです。バイクも同じですね。交換した直後はわからない。しばらくしてからわかる。自分はそのように感じます。で、この自動車整備工場のオイルと昭和シェルウルトラとの違いとなるとわかんないですねぇ。では、お高いオイルは無駄かというと、わかんないなぁ。もしかしたら、ある部分の性能が異様に高いのかもしれないし、極限的な使い方をした場合でも対応できているのかもしれない。あるいは、下廻りをヒットさせてオイルドバドバ。そういう時に焼き付くまでの“余命”に違いが出るかもしれない。あるいは、距離が進んでも性能低下が少ないのかもしれない。でも、ある時を境にガクンと下がるかもしれない。

このオイルは距離に関わらずに12月に交換。東京で乗るのであれば10Wでもいいのだけど、冬の北海道に行くのならば低い温度での余裕が欲しい。10Wだと-20℃まで対応だからいいといえばいいのだけど、朝1のエンジン始動はウォンウォンウォンと東京では聞いた事の無い音を発する。いかにも苦しそうな音だから低い方の余裕が欲しい。だから、5W。さすがに0Wは使う気になれない。エンジンがかかって、ギアをニュートラルにしてクラッチを繋ぐとAT車のクリープ現象みたいに車体が動いてしまう。相当固いんだろうね。シフトレバーなんかにゅ~っとした感じだし。エンジンはもとより、ミッションが温まるまで走り出せないのです。

さて、今日は、
DSC00477.jpg
オイル漏れ防止剤を入れました。投入時の走行距離197063km。オイル量の1割方入れればいいので、全部は入れずに勘で入れました。効果があるといいんだけど。こういう事はやらないのです。対処療法なんて無駄で、根本的に直さないと意味がないと。根本的に直すのは費用が掛かるけれど、効果のわからない対処療法よりかは確実だし、またそれなりに使えるのだからかえって安上がりだと。それに、出先で症状がひどくなると困るから。

しかし、今回も敢えて対処療法。セリカの今後を考えると根本的にというのも現時点ではやれない。この個体に20年乗っている、次回北海道に行けば10回目になる、北海道での走行距離も2万kmを越える、となれば走行距離も20万kmを越える、東西南北の最先端にも行った、車体の傷みも増してきた、リアショックアブソーバーは要交換、クラッチは前回の交換距離をすでに1万km越えている、ブレーキパッドも交換時期になる、ノーマルタイヤも交換時期になる、燃料パイプもヤバくなる、車検は来年3月で切れる。いろいろと「切り」がよくなっているのも事実。

北海道を走っている時にオイル交換をしている時間は無い。道内で交換時期を迎えるのだから12月中に交換。そして、これがオイル交換ファイナルになるかもしれない。先の事はわからないけど。今日の事でさえわからないのだから。

ステルビオ、慣熟走行。

2018.09.17.18:33

ステルビオも引っ張り出して慣熟走行をする。ST4sに乗った後では違和感もあるし、エンジン熱で汗が出て、その汗がズボンに纏わり付いてスムーズさに欠き、停車時に足を付くものの、やりにくい。コケるかと思った。ステルビオのメーターを見るともうすぐ4000km(+23326km)。あっ、カメラ持ってない。というわけでST4sと同じコースは取らずにややショートカット。4000kmにならないように意図的に減らした。

DSC00473.jpg
走行距離20.5km。

前からヘルメットがおかしいのに気が付いていたが、いよいよそれが進んでしまった。

DSC00474.jpg
あご部分のエアインテークが取れてしまったのです。この状態ではかっこ悪いし、風がもろに入って来て具合も悪い。

DSC00476.jpg
接着剤で固定しました。おかげで今日はこれ以上バイクには乗れなくなりました。このヘルメットも結構長く使ってます。用品屋に行くと2年で交換というアナウンスが流れていたりします。現実には2年では交換はしていません。頭部損傷を思えばヘルメットなんて安いものなのですが。ライナーが劣化してきているという実感が無くて。では、ヘルメットの劣化をどこで見るのか?自分はあご紐の具合で劣化を判断するようにしています。これがほつれてきたり、変色が進んで来てるなと思った時に劣化と判断して取り換えてます。

この後、用品店に行って品物を物色。ヘルメットを見たり、ライディングブーツ、ライディングシューズ、グローブを見る。ヘルメットやブーツは来年新しくしよう。グローブは今使っている夏用は結構ほつれてきたけど今シーズンは残り僅かなのでこのまま使って、来年の夏に新しくする。春秋用グローブは穴が空いているので来月あたりに新調したい。シューズも結構傷んで来ているのでこれも新しくしたい。

あっ、そうだ。ミラーを忘れていた。今付けているランドクロスミラーはグラグラで高速走行しようなら“収納”してしまう物。これでは役に立たないので何かいいの無いかなぁっと見る。店舗ではステルビオに付けているランドクロスミラーが大量に特別価格で販売されていた。だけど、これじゃぁなぁっというわけでパス。他の物は無いかなと探す。これがいいかなという物があったけどメーカーは同じ。グラグラする部分の作りも同じ。これじゃ買ってもしょうがないかもしれない。別のメーカーがいいなぁっと思う。適合表を見ると珍しくモトグッチの欄があり、しかもステルビオの表記もあった。その表記と他のメーカーの表記を見るとホンダ・アフリカツインに装着できるミラーがステルビオにも使えるっぽい。どうせなら車両メーカー純正がいいかもと思った。このお店では純正部品が注文できる。ところが、車検証が必要らしくて、勿論そんなものはあるわけない。以前、ST4sのブレーキの件で問い合わせした時に素っ気ない返事を貰ったこともあり、何も聞かずに店を後にした。

実際に見てみないとわからないよなぁっと、行った先はレッドバロン。そこにアフリカツインがあればミラーが確認できるってわけ。行ってみると運よく展示があり、これならいいかなと思う。でもなぁ、会員でもないし…、注文を受け付けてくれるか…?。ネットで探せばいいやと思う。帰宅後、チョイっと探してみると、これがよいのではというのを見つけた。お値段は高めだけど形状からしても後方視界はノーマルより良さそうだ。実物を手に取って確認できないのがネックだけど、これがいいのではと思って注文してしまった。今週中に来るかな。

ST4sの慣熟走行

2018.09.17.17:55

今日は日中からST4sを引っ張り出して慣熟走行。最近では夕食後の慣熟走行をしようと試みたがリラックスモードになってしまい、結局はやらず終い。リラックスしてしまうと出来ないものだと実感。そこで、今日は日中に慣熟走行。いつもと違って長目の距離を走った。

DSC00472.jpg
走行距離27.0km。

新たなる電源

2018.09.15.15:23

セリカに搭載しているナビが表示されなくなった。どうやら、ソケットがダメになった様子。しかし、純正ソケットというかソケットコードというか、ソケットとコードが一体になっているそれは高い。それに、今すぐ欲しい。そこでカー用品店へと向かった。セリカに搭載しているナビ、パナソニック・ゴリラは在庫がいっぱいあるが(品番はもう変わってますが)、備品というか、純正のそれは無かった。しかし!代用品があるわけで、USBソケットから電気を取るゴリラ用のコードが売っていた。これにUSBソケットを組み合わせればO.Kネ。3.4Aのソケットも購入してナビに接続する。O.K、O.Kと喜んだのも束の間、あっという間に点かなくなってしまった。ソケットが点灯されない。すでに用品店は閉店してしまったし。そこで、コンビニに行って新たに2.4AのUSBソケットを購入。あっ、点いた点いた。

セリカのシガーソケットはなぜだか使い物にならない。過去に用品店の人が言うには、シガーソケットにはいくつかのタイプがあって、中にはそういうのもあるという事だった。セリカのシガーソケットはそういうタイプみたい。だからヒューズボックスから電気を引っ張っている。ここから電気を引っ張るのはあまり宜しくないいんじゃないかなと想像して、今ではCDを新しくした際に新たに増設したソケットからナビの電源を取るようにした。

もしかしたらこのソケットはセリカのシガーソケットに使えるかもしれない…、と考えたのがいけなかった。コンビニで買った2.4Aのソケットを入れると、案の定点灯しなかった。そこでグリグリ回してみるとパンッと音を発してあっという間にお亡くなりになってしまった。
ソケットを抜いてみるといくらか熱を持っている。さっきのソケットもここに入れたよなぁ。これが原因か。とここで思い出した。前もダメにしたっけ。ソケットを2つダメにしてから気が付いた。

また、他のコンビニに行ってソケットを購入。これは4.8AのUSBソケットでコードとC型の変換プラグが付いてお買い得感があった。これはセリカのシガーソケットに入れる事はしないように気を付けている。

DSC00469.jpg
チト、コチャってますが、マァよしとしよう。今やUSBは必需品。スマホに充電、デジカメに充電と大活躍。そして今日からはナビの電源としても活躍するようになった。そのソケットがダメになってしまうと困るのです。

DSC00470.jpg
ピントがイマイチですが、仕事に使っているサンバーにも電源を確保しています。ヒューズボックスから電気を引っ張って、スマホの充電に活躍中。で、サンバーにもナビを付けたいなぁっと思って、シガーソケットを付けてもらいました。スーパーチャージャーが付いているような高級サンバーはわかりませんが、仕事で使うにはこれで十分といえる最低サンバーにはシガーソケットはオプション(ついでに書くと助手席側のバイザーもオプションだった)。

で、付けてもらったのはいいんだけど、
DSC00471.jpg
これがさっぱり役に立たず…。スマホのナビで十分と言っちゃあ充分ですけど。電話中、「右方向です」なんて聞こえるのは煩わしいので。

億劫

2018.09.15.14:46

今日はというよりも昨日の事になってしまいました。

いつもと順番は違って、夕食後にバイクの慣熟走行をしようとした。

ところが、これが思いのほか億劫。夕食後はリラックスモード。つい、ゴロゴロ、グデグデ。スマホで動画を見てる始末。

ようやく重い腰を上げてバイクに乗る事に。ST4sを引っ張り出そうとしたら、雨。

ST4sの慣熟走行は止めてしまった。

飲みに行く場合でも、それは仕事帰りだから行けるともいえる。仕事が終わった後の解放感も手伝って飲む酒はうまい。ところが、カクカクシカシカとお堅い事をやるとしよう。自宅から会社までの交通費は会社負担。寄り道する事など相成らぬ。会社から会社負担で一旦帰宅し、そこから改めて自己負担で飲みに行くとするならば億劫になって行かないだろう。帰宅してから再び出るのは意外と億劫なもの。それに、時間も無駄になるし。

自宅はリラックスするところ。特に夕食後はフヌケ状態。慣熟走行は夕食前にやるべきだと実感した。

もうこんな季節

2018.09.15.00:39

DSCF6892aaa.jpg
スタンドにて。
訪問者
プロフィール

シン

Author:シン
旅好き人間が足跡を綴るブログです。「アッと思ったらブログネタ」をモットーに日常的な事も書いてます。時にはグチも書くのはご愛敬。眠気と戦いながらガンバって書いてます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR